名鉄「最後の吊り掛け6750系 さよなら運転」

名鉄「最後の吊り掛け6750系 さよなら運転」

名鉄最後の「吊り掛け式」車両が引退します
6750系車両の引退を記念して「記念乗車券の発売」や「さよなら運転の実施」などを行われます。

6750系は走行時の独特の重低音が多くの鉄道ファンに愛され、現在は2編成が運行しています、
しかし、車両の老朽化などから、このたび完全引退することとなりました。

名古屋鉄道では、名鉄最後の「吊り掛け式」車両となる6750系が今春に引退を迎えるのに先立ち、これまでの同車両へのご愛顧に感謝して、2月19日(土)から「ありがとう6750系記念乗車券」を発売するほか、2月20日(日)に「さよなら運転」を実施されます。

「ありがとう6750系記念乗車券」は、2月19日(土)から6月30日(木)までの期間、同車両が活躍した瀬戸線の尾張瀬戸駅・喜多山駅を始発駅とした片道普通乗車券(計2枚)と記念券片をセットにして、6750系にちなみ、670円で発売するもので、発売部数は限定3,000セットです。
記念券片には同車両の走行風景や車両形式図などがデザインされています。

名鉄からのお知らせのページです

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://maruwamokei.blog58.fc2.com/tb.php/50-3d2e19bd